人気ブログランキング |

タグ:Super angulon 3.4/21 ( 10 ) タグの人気記事

@ Isesakicho Yokohama 伊勢崎町 横浜 on Sep 15,2104

横浜 伊勢崎町の道端でみつけた、見事に成長した力強いサボテンです。本日は久しぶりにスーパーアンギュロン f3.4 21mm 初期型をつけてパンフォーカスでのスナップです。独特な周辺光量落ちをしながら、ピントが合った部分の解像度は高くなっています。Mモノクロームとの使用においては自動露出ができないこともあり、マニュアルでの露出設定になります。露出の感覚を取り戻します。
f0321642_18185095.jpg

M Monochrom & Super angulon 3.4/21


by jm50993051 | 2014-09-15 18:02 | Comments(0)

On the way to Enoshima 江の島 on Aug 17, 2014

f0321642_17413488.jpg

M Monochrom & Super angulon 3.4/21


by jm50993051 | 2014-08-17 17:44 | Comments(0)

スーパーアンギュロン Super angulon 3.4/21 エルマリット Ermarit 2.8/28 ズマロン summaron 2.8/35

ライツには多くのすばらしい広角レンズがあり、皆さんそれぞれお気に入りがあるかと思われます。私は、作り・デザイン・写りから1960年台のライツの全盛期の意匠として最も完成度の高い、無限ロックのついたこれら3本広角レンズを愛用しています。

写真左
Super angulon スーパーアンギュロン f3.4 21mm 1967XXX 1963年製造です。1963年から1980年まで製造されたとのことで製造本数は不明です。1968年までクローム仕上げの鏡胴および無限ロック、その後ブラック鏡胴および無限ロックなしとなりました。所有しているレンズはかなり初期の品になります。当時のライツは21㎜の広角レンズを作る技術がなく、ドイツのレンズメーカー・シュナダー社によるOEMになります。Mモノクロームでは露出がマニュアルとなりますが、独特な周辺光量の落ち、パンフォーカスでの21mmの画角でのスナップ撮影、最短距離40cmなども魅力的です。美しいフード 12501をつけた際のデザインの完成度の高さもお気に入りの理由のひとつです。

写真中
Ermarit エルマリット f2.8 28mm 第二世代前期 2315XXX 1969年 ライツ・カナダによる製造です。第二世代は1960年台後半から1970年台後半まで製造されたとのことです。所有しているものは、レンズ構成は第二世代ですが、初期の第一世代の鏡胴に入ったものになります。独特のくびれた意匠と無限ロックのデザインもすばらしく、さらにMモノクロームに取り付けて露出が機能すること・28mmというスナップ撮影で使いやすい画角が愛用している理由になります。古いレンズのブラック鏡胴もなかなか良いことを認識したレンズでもあります。フードは 12501になります。

写真右
Summaron ズマロン f2.8 35mm 2310XXX 1968年製造です。1958年から1968年までMマウント用で29308本(M3用メガネ式を除く)製造されたようです。無限ロックと美しいクローム(白)鏡胴に全体としてバランスよくまとまったデザインが魅力的です。フードはIROOA・12571となりますが、製造年を考慮し、12585を使用しています。ファインダー視野がけらねないよう3か所に切り込みがあり機能的です。Mモノクロームに合うよう、フード先端部分はペイントカスタムへお願いし、チリメン加工しています。
f0321642_02432259.jpg

EOS 5D Mark3 & Zeiss planar 2/100


by jm50993051 | 2014-07-13 02:51 | Leica関連機材 | Comments(0)

@ Enoshima island Kanagawa(江の島 神奈川) on May 4, 2014

f0321642_17184374.jpg

M Monochrom & Super angulon 3.4/21


by jm50993051 | 2014-05-04 17:20 | Comments(0)

Super angulon 21mm f3.4 & M Monochrom & Billingham Hadley S

今日の撮影機材
1963年製造のスーパーアンギュロン 21mm f3.4 と Mモノクロームです。ファインダーはSBKOO(12002)そして、フードは 12501ともに 初期型になります。こうして見ますと、Mモノクロームとはデザイン的なまとまりも悪くありません。ストラップはライカ純正のキャリングストラップ 14312 になります。近所で散歩をしながらの撮影なので、カメラバッグを持たないことも多いのですが、今日は曇りがちで雨の心配もありましたので、ビリンガム ハドレー Billingham Hadley S を使いました。
f0321642_15083804.jpg

EOS 5D mark 3 & Zeiss Planar 2/50


by jm50993051 | 2014-04-20 15:28 | Leica関連機材 | Comments(0)

@ Sakuragicho Yokohama(桜木町 横浜) on April 20, 2014

藤の花
藤の花も気に入っている花のひとつです。以前は公園や学校や団地など桜の木とともに藤棚を見かけましたが、最近は見かけなくなってきました。横浜は歴史のある町ということもあり公共の場はもちろんですが、こうして一般の住宅に立派な藤の花を見かけます。今日は Mモノクロームとスーパーアンギュロン f3.4 21mmで撮影してみました。
f0321642_14044082.jpg

M Monocnrom & Super angulon 3.4/21


by jm50993051 | 2014-04-20 14:13 | Comments(0)

Super angulon 3.4/21 & M Monochrom

最近気に入っている スーパーアンギユロン 21mm f3.4とMモノクロームの組み合わせです。パンフォーカスでノーファインダーが今の気分ということもありますが、味わいのある写真に加えて、主張しないデザインも気に入っています。
f0321642_19493981.jpg

EOS 5D mark 3 & Planar 2/50


by jm50993051 | 2014-04-05 19:56 | Leica関連機材 | Comments(0)

@ Yokohama(横浜) on April 5, 2014


f0321642_19002783.jpg

M Monochrom & Super angulon 3.4/21


by jm50993051 | 2014-04-05 19:02 | Comments(0)

@ Sakuragicho Yokohama(桜木町 横浜) on April 4, 2014


スーパーアンギュロン 21mm f3.4 と Mモノクロームで撮影をしたものです。マニュアル撮影となりますが、事前に何度か露出とシャッタースピードとISOを組み合わせて適正露出を決定し、21mmですとf3.4 あたりでも1.5mから無限まで簡単にパンフォーカス状態にセットし、あとはノーファインダーでストレスなく撮影できます。所有しているスーパーアンギュロンは1963年製造のレンズとなりますが、味のある写りをします。最近のお気に入りの組み合わせとなります。

f0321642_22115391.jpg


M Monochrom & Super angulon 3.4/21


by jm50993051 | 2014-04-04 22:15 | Comments(0)

Leica MD & Super angulon 3.4/21, 12501, SBKOO

MD  (1965)  ライカ MD ハンマートン, Super anguron 3.4/21 (1965), hood 12501, 21mm finder SBKOO/12002。
スーパーエルマー21mmで撮影を始め、これまで使ったことがない21mmという画角の楽しさ そしてパンフォーカスでのスナップの楽しみを知りました。フィルム撮影での露出の感覚ももどってきたところ、ライカ愛用者から評判の良い、スーパーアンギュロン21mmをフードおよびファインダーおよびフィルターをセットで入手できました。積極的に21mmを楽しむために、専用機としてファインダーなしのMDもしくはMDaを探し始めました。MDは製造台数が少ないということでなかなか目にすることがかったのですが、大田区のルミエールというライカの修理・塗装・レストアのお店で以前から憧れていたハンマートンに塗装された しかも探していたMDと出会いました。欲しかった品々が1週間で集まってくる不思議な経験でもありました。ところで、ルミエールですが、お店の方ともお話させていただきましたが、非常に柔軟なアイディアとすばらしい技術をお持ちで、次は手持ちのフードやグリップの塗装をお願いしようと思っています。ハンマートン・チリメン・レザートーン・ブラックなど魅力的なカラーで素晴らしい仕上げになることと思います。ライカの世界は深いですね。

f0321642_23501270.jpg

EOS 5D Mark 3 & Planar 2/50



by jm50993051 | 2014-03-23 00:24 | Leica関連機材 | Comments(0)