タグ:Summarit 1.5/50 ( 9 ) タグの人気記事

@ Sakuragicho Yokohama (桜木町 横浜) on June 29, 2014

燕つばめの子供たちも巣立ちが近いようです。
f0321642_15252695.jpg

M Monochrom & Summarit 1.5/50 1st


by jm50993051 | 2014-06-29 15:27 | Comments(0)

ライカ Leitz 50mm レンズ Summarit Summicron Summilux ITDOO XOONS

ライツ・ライカのレンズはどれも魅力的ですが、現在愛用の3本の標準レンズになります。人の視野角と同じ自然な画角であること、日々の生活で夕方以降に撮影することも多いこと、開放でのボケの楽しさなどから、描写の良さはもちろん、大口径で携帯性の良さ、そして意匠の良さで選んだ50mmレンズになります。

ズミクロン Summicron 50mm / 5cm F2 Collapsible 沈胴 最初期 第一世代 Lマウント *写真右
1953-1963年にかけて製造され、製造本数はLマウント57980になります。ズマール、ズミタールをルーツに持ち、開放から解像度の高い描写を見せてくれます。所有しているレンズのシリアルナンバーは994XXXになります。公式に発表されている製造年以前の酸化トリウムガラスを使用した最初期型の1952年製造になります。Mモノクロームで沈胴可能なこと、作りとデザインと描写の良さが気に入っている点になります。小ぶりなフードITDOO とのあわせた際の良さはもちろんですが、作りの良い折りたたみの大型フードSOOFMをあわせたクラッシックな姿も気に入っています。

ズマリット Summarit 50mm / 5cm F1.5 第一世代 Lマウント *写真中
1949-1960年にかけて製造され、ルーツはライツとシュナイダーによって共同開発されたクセノン50mmF1.5になります。製造本数はLマウント39181になります。開放時の独特な描写と、絞った際にはシャープな描写を見せてくれます。所有しているレンズのシリアルナンバーは1000XXXで1952年製造になります。レンズ単体のデザインの良さはもちろんですが、真鍮製ちりめん加工の重厚な八角形のフードXOONSをあわせた姿はクラッシックでさらに良いデザインとなります。

ズミルックス Summilux 50mm F1.4 ASPH 第四世代 Mマウント *写真左
2004年から販売されている現行モデルになります。所有しているレンズは4229XXX になり、2014年にMモノクロームと一緒に購入した現行レンズで、開放最短撮影でも、高コントラストかつ細部までシャープな描写であることはもちろんですが、初めて新品で購入したライカレンズということもあり、思い入れの多いレンズです。フードも内蔵されており現行レンズの中では良いデザインです。大切に使い続けてゆこうと思います。

f0321642_10232586.jpg

EOS 5D mark3 & Zeiss planar 2/50


by jm50993051 | 2014-06-15 10:29 | Leica関連機材 | Comments(0)

@ Asakusa Tokyo (浅草 東京) on June 14, 2014

朝顔 ズマリット 5cm F1.5 開放で
f0321642_00034425.jpg


M Monochrom & Summarit 1.5/50

by jm50993051 | 2014-06-14 00:05 | Comments(0)

@ Asakusa Tokyo (浅草 東京) on June 13, 2014


今日は浅草に用事があり出向きました。梅雨の合間の晴天ということもあり、ズマリット 5cm f1.5 とMモノクロームの組み合わせでは、このレンズの特徴でもある開放での撮影は難しいので、絞り込んでの撮影を楽しみました。絞り込むことで、とてもシャープな写りをしますね。
浅草は平日ということもあり修学旅行にきている子供たちと海外からの旅行者でにぎわっていました。

花やしき
f0321642_23520434.jpg
スカイツリー
f0321642_23521555.jpg
浅草寺
f0321642_23522644.jpg

M Monochrom & Summarit 1.5/50


by jm50993051 | 2014-06-13 23:58 | Comments(0)

@ Isesaki cho Yokohama (伊勢崎町 横浜) on June 8, 2014

梅雨の合間の晴れの午後、古いビルの階段に光が差し込んでいました。1950年代の古いレンズのズマリット 50mm f1.5 にあう光景かと思います。
f0321642_17511029.jpg

M Monochrom & Summarit 1.5/50

にほんブログ村 写真ブログへ
by jm50993051 | 2014-06-08 17:52 | Comments(0)

@ Sakuragicho Yokohama (桜木町 横浜) on June 8, 2014

あざみが咲きだしました。姿形がユニークで好きな植物のひとつです。都会の空き地で力強く咲いているところも好きな理由のひとつです。Mモノクロームと ズマリット 50mm f1.5 で開放で撮影しました。ピント部分には芯がありながら、あざみのとげを緻密に捉えています。ハイライト部分では薄いフレアもでています。そして特徴的なボケになります。古いレンズも良いと改めて思いました。
f0321642_06062141.jpg

M Monochrom & Summarit 1.5/50


by jm50993051 | 2014-06-08 06:08 | Comments(0)

Leitz Summarit ズマリット 1.5/50 XOOS  XOOYL

開放付近での独特なボケで有名な、最近気にいっているズマリット Summarit 5cm f1.5 1956年製です。鏡胴全体のデザインの良さはもちろんですが、絞り羽の多さも気にいっている理由のひとつになります。そして八角形の真鍮製でチリメン加工されたのフード XOONS とズマリットと刻印された専用のUVフィルター XOOYLです。 私の場合、オールドレンズについては、写りよりデザインと作りの良さから購入に至ることが多く、このズマリットにいたっては、まずチリメンの八角形のフードに惹かれ、フード・レンズ・フィルターの順番で購入しました。ライツの製品は1960年代で工業製品としてほぼ頂点を迎えたといわれています。それに対し、1950年代のライツ製品は、モデルチェンジも度々行われ、アクセサリーもバリエーションが多く、まさに工芸品の良さが感じられます。M3の登場以降のライツ製品の1950年代中頃から後半にかけての製品がとても気になります。
なお、Mモノクロームとの組み合わせですが、ボディーのブラッククロームと、チリメンフード・白鏡胴のレンズはデザイン的にとても良く合う組み合わせかと思います。

f0321642_03035214.jpg



EOS 5D mark3 Planar 2/100


by jm50993051 | 2014-06-08 02:33 | Leica関連機材 | Comments(0)

@ Sakuragicho Yokohama (桜木町 横浜) on June 7, 2014

梅雨入りですね。ズマリット開放で紫陽花を撮影してみました。
f0321642_06062976.jpg

M Monochrom & Summarit 1.5/50


by jm50993051 | 2014-06-07 18:22 | Comments(0)

@ Shinjuku Tokyo (新宿 東京)on June 7, 2014

今週はとても珍しく、さまざま用事で週に3回新宿に行くこととなりました。生憎の雨ではありましたが、親しくさせていただいているカメラ店から以前お願いしていたSummarit ズマリット f1.5 50mm専用のねじ込みUVフィルター XOOYL の程度の良い品が入荷したとの連絡をいただき、そちらを受け取るためでした。そんなこともあり、ズマリット50mm f1.5 1956年製造のレンズをMモノクロームに取り付け出かけました。ズマリット f1.5 50mm といえば開放での味のある描写ということで、雨の中、お気に入りの百貨店のハイブランドの不思議な人形のようなマネキンを撮影しました。やわらかいなんとも言えぬ良い雰囲気に仕上がっています。

f0321642_00135904.jpg

M Monchrom & Summarit 1.5/50


by jm50993051 | 2014-06-07 00:27 | Comments(0)