人気ブログランキング |

<   2015年 01月 ( 53 )   > この月の画像一覧

@ home on Jan 4,2015

六花亭 マルセイバターサンド 北海道

私の大好きなお菓子のひとつを今年も北海道の知人が送ってくれました。深くお礼申し上げます。甘いものを多くとるほうではありませんが、子供のころから、パッケージの美しさとこの味が大好きでした。夜 自宅でコーヒーを飲む際、ひとつづついただかせていただきます。

六花亭のウェブサイトによると、「当社専用の小麦粉でつくったビスケットで、ホワイトチョコレートとレーズン、北海道産生乳100%のバターをあわせたクリームをサンドした、ロングセラー商品です。菓名の由来は、十勝開拓の祖・依田勉三が率いる晩成社が十勝で最初に作ったバター「マルセイバタ」に因み、パッケージもそのラベルを模しています。」とのことです。

にほんブログ村 写真ブログへ
@ home on Jan 4,2015_f0321642_19410690.jpg
M Monochrom & Summilux 1.4/50 ASPH
@ home on Jan 4,2015_f0321642_19463436.jpg

EOS 5D mark3 & R APO macro elmarit 2.8/100

PVアクセスランキング にほんブログ村
by jm50993051 | 2015-01-04 19:54 | Comments(2)

@ Minatomirai Yokohama みなとみらい 横浜 on Jan 4,2015


みなとみらい 日本丸 ドックの側に多くのカラフルなカヌーが保管されています。西日をうけてとても柔らかくそれぞれの色が際立ち とても印象的な光景でした。

この年末・年始の休暇は、様々な機材 とくに昨年度入手しながら使うことが少なかったものを、ブログのタグのアップ数をみながら、使用しました。あらためて、それら機材の素晴らしさを認識できましたし、21mmから125mmまでのそれぞれの画角を楽しみながら、考えすぎずに多くの写真を撮影し、ブログにアップすることもできました。とても嬉しく思います。
明日から多くの方々と同じく、2015年の仕事が始まります。平日もお気に入りの機材を鞄にしのばせ、心や眼にとまったものをスナップ撮影ができたら良いと思っております。今年も皆様どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 写真ブログへ
@ Minatomirai Yokohama みなとみらい 横浜 on Jan 4,2015_f0321642_17142067.jpg
@ Minatomirai Yokohama みなとみらい 横浜 on Jan 4,2015_f0321642_17144142.jpg

by jm50993051 | 2015-01-04 17:29 | Comments(0)

@ Minatomirai Yokohama みなとみらい 横浜 on Jan 4,2015

水面に映るランドマークタワーです。
にほんブログ村 写真ブログへ

@ Minatomirai Yokohama みなとみらい 横浜 on Jan 4,2015_f0321642_17161365.jpg

EOS 5D mark3 & Hektor 2.5/125


by jm50993051 | 2015-01-04 17:26 | Comments(0)

@ Minatomirai Yokohama みなとみらい 横浜 on Jan 4,2015

みなとみらいの道路を颯爽とスケートボードで若者が走っていました。私もスケートボードを楽しみますが、そこまでの技術と勇気がないことからの憧れや、彼らのストリート・カルチャーに非常に興味があります。そのようなこともあり、こうして住む街がストリート・カルチャーが似合うこととても嬉しく思います。

@ Minatomirai Yokohama みなとみらい 横浜 on Jan 4,2015_f0321642_17135919.jpg

EOS 5D mark3 & Hekotr 2.5/125


by jm50993051 | 2015-01-04 17:24 | Comments(0)

@ Minatomirai Yokohama みなとみらい 横浜 on Jan 4, 2105

みなとみらいの日本丸のドックです。
@ Minatomirai Yokohama みなとみらい 横浜 on Jan 4, 2105_f0321642_17133837.jpg

EOS 5D mark3 & Hektor 2.5/125

にほんブログ村 写真ブログへ
by jm50993051 | 2015-01-04 17:22 | Comments(0)

@ Minatomirai Yokohama みなとみらい 横浜 on Jan 4,2015

明日から仕事初めの方々も多いと思います。私も、明日から2015年の仕事が始まります。今日は、自宅でゆっくり過ごし、午後 近所のみなとみらいをカメラ片手に散歩しました。ヘクトールf2.5 12.5cmですが、曇り空もしくはやや日陰のモノクロでの撮影とても気に入った描写をしてくれます。

@ Minatomirai Yokohama みなとみらい 横浜 on Jan 4,2015_f0321642_17131888.jpg

EOS 5D mark3 & Hekotr 2.5/125


by jm50993051 | 2015-01-04 17:19 | Comments(0)

@ home on Jan4 ,2105

Hopi Watson Honanie ワトソン・ホナニー アメリカ

彼は初めてホピでゴールドとシルバーを用いたコンビのジュエリーをデザイン・製作された作家とのことで、古くから人気のある作家です。細かいカチーナや集落などのデザインが狭いバングルに見事に収まり、ゴールドとシルバーのコンビの美しさも気にいっている理由のひとつです。ゴールドの時計が好きなこともあり、ヨーロッパの品々で装う際にもとても馴染むことも気にいっています。こちらに品も、上野 SLOB/NESTで入手した品です。店主の方は作家の方と長く親交があり、様々な作家やジュエリーの歴史を学ばせていただきました。とてもすばらしい専門店です。

ワトソン・ホナニーの詳細は次のウェブサイトを参照ねがいます。 http://hopito.blog46.fc2.com/blog-entry-40.html 

@ home on Jan4 ,2105_f0321642_13063630.jpg

EOS 5D mark3 & R APO macro elmarit 2.8/100

にほんブログ村 写真ブログへ
by jm50993051 | 2015-01-04 14:00 | Comments(0)

@ home on Jan 4,2014

Hopi Michael Kabotie ホピ マイケル・カボーティ アメリカ

このバングルですがいわゆるネイティブ・アメリカンのジュエリーのイメージとは異なり、様々なコーディネートに馴染むこと、デザインの良さに加えて作りの良さで気にいっています。
ホピ族の作家マイケル カボティーの作品のデザインはキュービズムからの強い影響を受けた抽象的な幾何学模様となっており、オーバーレイにさらにもう一枚の銀板を用いる三層(スリー・レイヤー)の作品を得意としています。彼は、絵画も得意とし、広く芸術活動に関わった方でした。惜しくも2009年に亡くなったと聞いています。
こちらの品は、彼が活動をしていたころ、上野の専門店 SLOB/NEST の方に勧められて購入した品です。こちの店主の方もネイティブ・アメリカンの作家と長くお付き合いされており、確かな品々を入手できるお店でお勧めです。

マイケル カボーティについての詳細情報は次のホピ族関連ジュエリーの専門ウェブサイトを参照ねがいます。 http://hopito.blog46.fc2.com/blog-entry-16.html 

@ home on Jan 4,2014_f0321642_13065686.jpg

EOS 5D mark3 & R APO macro elmarit 2.8/100

にほんブログ村 写真ブログへ
by jm50993051 | 2015-01-04 13:43 | Comments(0)

@ home on Jan 4, 2015

10代後半からネイティブ・アメリカンのアクセサリーに興味を持っていました。その後、数年ごとに、自分の中でブームがやってきて、縁があって、現在、自分の手元にあり、愛用している品々を紹介させていただきます。アクセサリーには、ネックレス・ピアス・リング・ブレスレットなど多くの種類がありますが、私は、その日の気分で、ブレスレット または バングルを右手に1本もしくは2本重ねづけするスタイルが良いようです。アメリカ的なスタイルではなくヨーロッパ的なスタイルに、これらを控えめにお守り代わりに着用しています。

Navajo ナバホ Perry Shorty (ペリー・ショーティー)  アメリカ 

ペリー・ショーティー(アリゾナ州出身)は、1920年代から30年代のクラシックスタイルのナヴァホジュエリーを30年以上も製作しています。かつてのシルバースミス(銀細工師)と同じように自ら道具を作り、当時の技法を忠実に再現してジュエリーを作ります。材料についても、コイン・シルバー(1870年代から1910年代に流通していた当時の銀貨)を溶かして、銀の延べ板を作りそれを叩いて整形をし、ジュエリー作りの材料を作ります。(定かではありませんが、数年前に、アメリカの法律で硬貨を加工することができなくなったということで現在はコイン・シルバーの製品は作られていないようです。残念ですね。)デザインは過去の資料や書籍を参考にナヴァホジュエリーの歴史に大きく関わっているクラッシックな、主に古いスペインのモチーフなども取り入れてデザインを用いています。
私が特に好きなデザインは、以下のチゼルワークのバングルで丁寧な仕事が際立つ、クラッシックなデザインです。幅の違いで、3種類所有しており、コーディネートにあわせて使用しています。
生産数が少ないこともあり、日本で購入できる店は限られていましたが、懇意にしているネペンテスの方から紹介いただいた、渋谷 広尾 LONGBRANCH でいくつかを購入させていただきました。こちらのお店も品ぞろえが豊富で確かな多くの作家の作品が入手できるお店でお勧めです。

@ home on Jan 4, 2015_f0321642_13061973.jpg

にほんブログ村 写真ブログへ

EOS 5D mark3 & R APO macro elmarit 2.8/100


by jm50993051 | 2015-01-04 13:27 | Comments(0)

@ home on Jan 3,2015

私の愛用する品々のひとつです。

フェアアイル・シェットランド・セーター アンダーソン スコットランド
Anderson & Co は1873年創業のスコットランドのシェットランドニットのメーカーです。先日紹介した、エベレストとと同様、ハンドニットで、100% Fineのシェットランド・ウールを用いたニットベストです。

こちらは、4-5年前 日本のお店が代理店経由で色を指定して発注したもので、グレーおよびネイビーベースの2着 センスの良いカラーリングの組み合わせがともに気にいり購入たものです。昔から変わらず、良い素材を時間をかけてつくられていて、人のぬくもりがある品々に強く惹かれます。これらを作り続けていらっしゃる方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

スコットランドには、現在はメンターでもある15年前の上司と友人が住んでおり、いつか、スコットランドを訪れた際に、このシェットランド地方も訪れてみたいと思っています。シェットランドのニット、同じくスコットランドのマッキントシュのゴム引きのコート、ツイードのジャケットなどのスコットランドの製品を中心のスポーティーな着こなしで、Rスーパーアンギュロン f4 21mm と R APO マクロ エルマリート f2.8 100mmを持って、美しい景色をモノクロで撮影なんてことを想像しています。
興味がございましたら、シェットランド地方概要は次を参照ねがいます。日本にはない光景のを写真撮影するにもとても良いところではないか思います。
http://www.visitscotland.com/destinations-maps/shetland/?utm_source=explore&utm_medium=rd&utm_content=shetland+homepage&utm_campaign=surprise

フェアアイル模様 については、つぎを参照ねがいます。
スコットランド北のシェトランド諸島のフェアアイル(フェア諸島)を 発祥とする伝統的なフェアアイル・セーターの編込み模様。 異文化がミックスしたような、多色使い独特のよこ段の幾何学模様が特徴。 400年以上も編み続けられ、ケルト文化と北欧文化の影響を受けた柄、 あるいはイスラム文化色の濃いスペインの編みの技術の影響を受けているなど いくつか説がある。北欧の伝統ニットに多いエイトスター(八つ星)と 呼ばれる雪の結晶模様、クロス模様、OXの連続模様が見られたり、 スペインの十字架、ムーア式の矢、グラナダの星、バスクの百合など、 スペイン模様も多くみられる。1920年代、当時のファッションリーダーであったプリンス・オブ・ウェールズが、このフェアアイル・パターンのセーターを愛用したことでも有名。
@ home on Jan 3,2015_f0321642_14021868.jpg

EOS 5D mark3 & R Summilux 1.4/80

にほんブログ村 写真ブログへ
by jm50993051 | 2015-01-03 21:19 | Summilux 1.4/80 R | Comments(0)