ローライ35 最初期 ドイツ製 Rollei 35 black made in Germany early model on Feb 24,2018

昨日入手したローライ35クロームの最初期タイプ(極初期?)の状態があまりに良く普段使いに躊躇していましたところ、運よく、最初期タイプの程度の良い、このブラック シリアナンバー 30103XX レンズシリアルナンバー 43269XX をEbayを通じてドイツのお店から購入しました。昨日入手したより早い時期に製造された極初期?のクローム3004XXと比べてみました。外見ですが、金属クランク、俵型ストッパー、ローライの横長文字は同様です。内部ですが、圧版は同様です。内部塗装も結晶ではない通常の黒塗装で同様です。スプールは金属製ではなくプラスティック製となっています。重さも比較してみました。最初期タイプ(極初期?)の383gに対して、この最初期タイプブラックは343gでした。ローライ35は、比較的初期のドイツ製でもこのようにパーツの変更および結果軽量化が行われています。その後、更に多くのパーツ変更が行われ、ドイツから1973年にシンガポールへ生産国が変わってゆきます。ローライ35は作りをみると、古ければ古いほど良いようです。
f0321642_21322416.jpg

m-p 240 and alpa macro switar 1.8/50

by jm50993051 | 2018-02-24 22:27 | Rollei 35 | Comments(0)
<< @ Shinjuku Toky... @ Shinjuku Toky... >>