<   2015年 05月 ( 59 )   > この月の画像一覧

MOYAIKOGEI ONTAYAKI もやい工藝 小鹿田焼 @ Kamakura Kanagawa 鎌倉 神奈川 on May 31.2015

今日はとても楽しみにしていた 手仕事フォーラム 学習会 大好きな小鹿田焼きを代表する 坂本浩二さんのお話を伺いに、もやい工藝に出向きました。 もやい工藝はもちろん 勉強会ですが、昨年は余裕がなくなかなかお伺いすることもできませんでしたが、昨日 もやい工藝と手仕事フォーラムをリードする 久野さんが亡くなって お店へお伺いし、そして今回、大好きな坂本浩二さんがいらっしゃるとのことで、時間をつくり、お伺いしました。今日も学びの多いお話でした。久野さんのお話も学びの多いものでしたが、今日の坂本浩二さんからも多くのことを学びました。「小鹿田焼の今」というテーマで、小鹿田焼きの製作過程や 過去から現在にかけて、大切なものを守りつつ、変化する環境に対応するお話を中心にお話をしていただきました。私自身人材育成やリーダーシップやチェンジマネジメントやコンピテンシーや組織開発の仕事に関わっていることもあり、そのフィルターで 私自身が理解し、印象に残ったことを書き留めておきます。

グローバルな各業界のリーディングカンパニーにて、人材育成の法則 (70% Experience 経験 20% Exposure人間関係 10% Education 教育)というものがありますが、小鹿田の世界でも長い間展開されていました。経験としては、身体でおぼえるまで多く・長く・工夫して作る。人間関係としては、第三者(久野さんや小鹿田の共同体のメンバーや過去の作り手の行動や品を、観察し、真似る。定期的に良いものと改善すべきフィードバックをもらう。久野さんが行っていた他の窯元の人々との交流など。 教育については、古くはバーナード・リーチからの教え、また以前は若い陶工がその他の窯へ基本を学ぶために教育を受けに行く。以上ととなります。

行動で重要なことは、若いうちに多くの挑戦をし、失敗をすることの重要性。人間は年齢を重ねれば重ねるほど、恥ずかしさ もしくはプライドがうまれ、失敗を恐れ、できないことを隠すようになるためです。裏返すと、50歳になっても、恥ずかしさやプライドを捨て、謙虚に教えを乞うことや、できないことを認め挑戦し続けることができれば、継続して成長することができます。また、勇気をもって自分の仕事や行動について積極的にフィードバックをもらう重要性もお話されていました。小鹿田では、大きな甕や皿を作ることができる人が減っており、これを若いうちに行い、フィードバックをもらい、工夫し、作り続けることの大切さをご説明されていました。

小鹿田を支える若い世代でも世間同様、次世代の人材育成が課題となっており、言われたことしかやらない。(それは正確に行うけれど)言われたことのその先まで行動することがなくなってきているとのことです。また、共同体としての機能も以前とやや変化があり、ほかの窯元からのフィードバックを受け付けないなどがおきているとのことでした。うちの息子にあれやこれや言わないでほしいとも。その中で、坂本浩二さんの窯元では、浩二さんから黒木さんへのフィードバックや指導、そして黒木さんから浩二さんの息子さんへのフィードバックや指導という流れをつくりたいとおっしゃっていました。ほかの働く人々同様、浩二さんをはじめ、窯元の人々は好きで仕事をしていないことが多いとのことでした。一子相伝で窯元を引き継ぎ、その中で、どう工夫し、良い品をつくり、ときに良いフィードバックをもらい、楽しみながら仕事をしてゆくこと すなわち 与えられた環境に対してどのように自分がマネージできる気持ちや行動を合わせるかの重要性をお話もされていました。

一番私が気になっていた、変化する環境の中、変えてはいけないものは何なのか?という疑問については、浩二さんが最後におっしゃった、「小鹿田らしい品をつくる」 ということが答えなのではないかと思いました。とても、深い言葉でした。私なりに解釈するならば、自分の使命のもと誠実に挑戦し続けることなのではにかと考えています。話は変わりますが、随分前ですが、倉敷ガラスの小谷眞三さんと直接お話する機会があり、「健康でむだがなく、まじめで威張らない」ものを作る。生きることも同じですとおしゃっていたことを思い出しました。

浩二さんからは、久野さんの勉強会や個人的に以前お話させていただいた内容と非常に近い内容を作り手として、自らの体験からわかりやすく、お話いただきました。職人の世界も、ビジネスもスポーツの世界も、やはり人の生き方 真理はかわらないなことを、再度確認する良い機会でした。また、自らの明日からの行動を変化させてくれます。

最後になりますが、浩二さん・久野さん・手仕事フォーラム・もやい工藝の皆さんに深くお礼申し上げます。

手仕事フォーラムについてはこちらを!
http://teshigoto.jp/index.html

もやい工藝についてはこちらを!
http://moyaikogei.jp/index.html

浩二さんがご自身の作った、久野さんが愛用していた湯呑を手に取り、高台や全体の作りについて説明されている様子です。
f0321642_19361074.jpg
こちらの甕は96年3月浩二さんが27歳のときのつくった甕で久野さんが良いとおっしゃって久野さんが保管していた品。久野さんは少し離れて全体をみたり、近寄って詳細をみたりし、独自の視点で何点かあった中からの品を選んだとのことです。浩二さんは、当時、なぜこれを久野さんが選んだのかわからなかったとのこと。浩二さんは 当時、茂木さんの作りを観察し、真似ながら、作成していたとのことでした。今では、経験を積みすぎてこのようなものは作れないともおっしゃっていました。
f0321642_19362751.jpg
f0321642_19364784.jpg

M-P Type 240 & Summicron 2/35 1st

にほんブログ村 写真ブログへ
by jm50993051 | 2015-05-31 20:28 | Comments(0)

@ Kamakura Kanagawa 鎌倉 神奈川 on May 31,2015

鎌倉にて。緑の美しい季節ですね。ズミクロン 35mm 第一世代 通称8枚玉の開放付近の柔らかい描写 良いですね、


f0321642_19351219.jpg
f0321642_19353433.jpg

M-P Type 240 & Summicron 2/35 1st

にほんブログ村 写真ブログへ
by jm50993051 | 2015-05-31 19:43 | Comments(0)

@ Ofuna Kanagawa 大船 神奈川 on May 31,2015

今日は手仕事フォーラム学習会へ出席するため、鎌倉 もやい工藝へ向かいました。大船駅での乗り換えの際、撮影した1枚です。NEX 成田エクスプレスの意匠 なかなか良いですよね。

f0321642_19344957.jpg


M-P Type 240 & Summicron 2/35 1st

にほんブログ村 写真ブログへ
by jm50993051 | 2015-05-31 19:40 | Comments(0)

@ Shibuya Tokyo 渋谷 東京 on May 30,2015

後楽園で用事をすませた後、渋谷経由で帰宅しました。渋谷は多くの人々で賑わっていました。渋谷で開催されている 世界のの中古カメラフェア に立ち寄り、いくつか気になる品を見た後、いつもお世話になっているお店のご主人と少しお話をし、帰宅しました。

f0321642_21592476.jpg
f0321642_21595415.jpg
f0321642_22002508.jpg

M-P Type 240 & Summilux 1.4/35 1st


by jm50993051 | 2015-05-30 22:08 | Summilux 1.4/35 1st | Comments(0)

@ Korakuen Tokyo 後楽園 東京 on May 30,2015

東京 後楽園 にて。歴史ある装飾もすばらしい良い建物ですね。印刷店のようです。
f0321642_21590384.jpg
f0321642_21584422.jpg
M-P Type 240 & Summilux 1.4/35 1st

にほんブログ村 写真ブログへ


by jm50993051 | 2015-05-30 22:06 | Summilux 1.4/35 1st | Comments(0)

@ Tokyo station Tokyo 東京駅 on May 30,2105

今日は後楽園へ用事があり、東京駅で乗り換えました。東京駅の歴史あるすばらしい建物ですね。

f0321642_00402840.jpg

f0321642_21575990.jpg
f0321642_21581861.jpg

M-P Type 240 & Summilux 1.4/35 1st

にほんブログ村 写真ブログへ
by jm50993051 | 2015-05-30 22:03 | Summilux 1.4/35 1st | Comments(0)

@ Tamachi Tokyo  田町 東京 on May 25,2105

東京 田町のあるビルからの光景です。夕焼けが美しい瞬間でした。

f0321642_23390755.jpg
f0321642_02254284.jpg

M-P Type 240 & Summicron 2/35 1st

にほんブログ村 写真ブログへ
by jm50993051 | 2015-05-25 23:41 | Comments(0)

@ Yokohama Nishi-ku 横浜 西区 on May 24,2015

アザミです。姿形と色 子供のころから好きな植物のひとつです。空き地や道端で力強く咲いている姿が印象的です。ズミクロン35mm第一世代ですが、まだまだ使いこんでいないのですが、その描写から多くの方々が愛用されている理由が少しわかる気がしました。これからズミルックス35mm第一世代とともに愛用してゆこうと思います。
f0321642_17333553.jpg
f0321642_17330783.jpg

M-P Type 240 & Summicron 2/35 1st

にほんブログ村 写真ブログへ
by jm50993051 | 2015-05-24 17:45 | Comments(0)

@ 黄金町 横浜 Koganecho Yokohama on May 24,2015

横浜 黄金町 旧赤線地帯です。数年前に撤去され、現在はアーティストのワークスペースなどが多く集まり、生まれ変わっています。過去から現在 そして未来とつながりながらの変化にとても感慨深いものがあります。

f0321642_17324088.jpg

M-P Type 240 & Summicron 2/35 1st

にほんブログ村 写真ブログへ
by jm50993051 | 2015-05-24 17:40 | Comments(0)

@ Yokohama Tobe 横浜 戸部 on May 24,2015

メガネの調整が済んだ、ズミクロン 35mm 第一世代で試し撮りです。解放付近の描写ですが、ズミルックス35mm第一世代との違いを見せながらも柔らかい良い描写です。

f0321642_17314909.jpg
f0321642_17321070.jpg


M-P Type 240 & Summicron 2/35 1st
にほんブログ村 写真ブログへp>

by jm50993051 | 2015-05-24 17:37 | Comments(0)